手術と診療機器について

専門的な知識と技術で高度医療機器を使いこなし、的確でより安全な手術を。

手術について

できる限り安全で効果が高く、回復の早い手術を。
葉山どうぶつ病院では、豊富な経験と確かな根拠に基づいて、動物たちにできるだけ痛みなどのストレスを与えない手術を心がけています。

1豊富な経験と確かな根拠に基づいた外科手術

当院では、整形外科、軟部外科をはじめ、神経疾患、一部循環器系の手術、胸腔外科、眼科手術、口腔外科、形成外科、皮膚移植手術など、年間1200頭以上の手術や処置を実施している実績があります。

2動物に「痛み」などのストレスがない手術

痛みを感じている動物はストレス下にありますので、食欲がなくなってエネルギー消費量が利用可能なエネルギーを上回ってしまいます。痛みを無くしてあげることで、食欲が戻れば傷や病気の回復が早くなります。 当院では15年以上前から手術前と手術中、術後に各種鎮痛剤を投与することで、「痛みのコントロール」を行っております。

3動物の「負担」を少なく

血管シーリングシステムやアルゴンプラズマ凝固装置付高周波電気メスの使用により、動物の負担をできるだけ減らしています。こうした最新機器を使用することで、不妊手術や去勢手術はもちろん、血管の多い臓器や腫瘍の切除の手術時間が通常の半分近いの時間で終わります。麻酔時間が半減することで、麻酔リスクが激減しますし、近年増加している縫合糸の結紮で起こる縫合糸反応性炎症も縫合糸を厳選しているため、ほとんど心配ありません。

腹腔鏡による手術では、手術創がわずか1cmほどの傷で済むため、動物の術後の回復力が全く違ってきます。現在は主に腹腔臓器のバイオプシーや空腸チューブ装着時等に腹腔鏡を使用していますが、順次色々な手術に応用していく予定です。

4安心の術前検査

当院では安心して麻酔や手術を受けていただくために、必ず術前検査を行っています。血液検査・レントゲン検査・心電図検査を基本に、年齢に応じた検査内容を追加しています。術前検査の実施により、麻酔や手術中の急変や、術後の経過不良などを起こす可能性を事前に知ることができるため、より安全な手術が実施できます。

5清潔で安全な環境作りを

手術室だけでなく、院内全ての清潔で安全な環境作りのために、消毒・滅菌などの院内感染予防は衛生管理専門スタッフにより徹底的に行っています。また、当院では院内全室をバイオウィル(刺激のほとんどない中性塩素系消毒液)や高圧スチーム消毒、さらに年2回の専門業者による院内完全消毒・殺菌処置を行なって万全を期しています。

手術の流れ

STEP1術前検査で異常がないことを確認
静脈留置針の留置。静脈点滴開始

STEP2鎮痛剤や抗生物質の投与

STEP3麻酔前投薬(鎮痛剤・心拍調整剤)、および導入麻酔

STEP4気管チューブ挿管・吸入麻酔 開始
手術部位の毛刈り・消毒

STEP5手術開始 (集中監視システムにてバイタルサインをモニターしながら手術)
時に局所麻酔・浸潤麻酔などの使用

STEP6手術終了
麻酔の覚醒・気管チューブ抜去

STEP7術後監視・保温・点滴の継続
術後の鎮痛剤・麻薬使用なども

献血について

どなたかの大事なあの子のために。飼い主さまと動物たちの絆が、かけがえのない命を守ります。

動物も人と同様に、輸血が必要となる時があります。そして、輸血さえ出来れば救える命があります。ところが残念なことに日本には動物医療において広域で利用ができる輸血システムがないのが現状です。そのため、当院では当院内のマスコットでもある犬・猫がドナーとしての役割を担ってきてくれていました。しかし、近年の症例数増加に伴って、自院内だけでは十分な血液を確保できなくなっています。

 

そこで、葉山どうぶつ病院では病気や急な手術の際、すぐに対応できるよう輸血ドナーのご協力をお願いしています。当院では、手術だけでなく、溶血性貧血や出血性疾患、また「がん」や白血病、骨髄疾患等の治療に輸血が大きな効果を発揮しており、いくつもの貴重な命が助かっています。

 

どんな子も、輸血が必要になる可能性はあります。飼い主さまとそのご家族である動物たちの助け合いとご協力があってこそ、たくさんの命を救うことができます。ひとつでも多くの命を守るために皆様のご協力をお願い致します。

 

医療機器紹介

当院では、院長や専門のドクターが「よりよい医療を提供できる」と納得した最新機器をそろえて、動物たちの診察に当たっています。

検査診断機器

血液検査機器

最新の自動血液生化学検査機器・全自動血球計測機・血液凝固系検査機器です。全て自動計測ですので、正確で迅速に検査結果を飼い主さまにお知らせできます。

自動蛍光免疫測定装置

通常、外部の検査センターに依頼して1~2日かかる検査ですが、当院ではこの機器を導入することにより40分程で行えるようになっています。老齢の犬猫に多い甲状腺ホルモンの疾患や副腎皮質ホルモンの疾患に活躍しています。

カラードップラー超音波診断装置

腹腔内の疾患や循環器(心臓)疾患の診断に欠かせない超音波診断装置。最新のタイプを使用しています。

動物用ビデオスコープ(直径9mm・7mm) 内視鏡および(直径2.7mm)細径内視鏡

食道、胃、十二指腸といった上部消化管や大腸の検査、バイオプシー(生検)、さらに異物摘出などに大活躍している機器です。細径気管支鏡は、鼻腔内や気管支内の観察とバイオプシーが可能です。

腹腔鏡・膀胱鏡・硬性内視鏡

腹腔鏡は小さな傷2~3カ所だけで腹腔内臓器の探査や手術・バイオプシー(生検)が可能な機器です。膀胱鏡は尿道内や膀胱内の明瞭な観察が可能で、犬猫に多い尿路疾病に活躍しています。硬性内視鏡は耳道内の検査や処置に幅広く使用しています。

歯科専用診療機器 歯科専用デジタルレントゲン及びデンタルユニット

高齢化に伴って増加してきた歯のトラブル。当院では歯科専用のレントゲンと、歯科治療のデンタルユニットを導入しています。レントゲンは安全性の高いデジタルですので、現像の時間がかからず、現像液を使わないので環境にも優しくなっています。また、レントゲン画像をとても分かりやすくご覧いただけることから、飼い主さまにもご好評をいただいております。

眼科専用診療機器

スリットランプ

眼球の前方にある内部構造をスリットにして検眼する装置です。

電子眼圧計

正確かつ安全に眼圧を測定することができます。緑内障やブドウ膜炎の診断には欠かせないものです。

デジタル眼底カメラ

眼科の専門医に定評がある眼底カメラです。パソコン画面で目の一番奥の構造(眼底)をその場で見ることができる機器です。

手術用顕微鏡装置

眼科手術や他のマイクロサージェリーに使用しています。

皮膚疾患の治療用設備

医療用マイクロバブル発生装置

毛穴の中の奥の奥まで洗い流せるので、仕上がりの皮膚の状態や臭いの消失に驚かれる飼い主さまが多い機器です。治りにくいアレルギー性皮膚疾患や脂漏症、ニキビダニ症等々の皮膚疾患の改善に大きな効果を発揮することも特長のひとつです。スタッフ2名が担当し、しっかり管理しておりますので、ご安心下さい。

外科手術室にある医療機器

エンシール(EnSeal、SURGRX)・アルゴンプラズマ凝固装置付高周波電気メス

太い血管や組織を安全に確実にシールし止血するものです。脾臓など血管の多い臓器の摘出の手術時間が半分に短縮できますので、動物への負担も大幅に少なくなります。この電気メスではアルゴンガスを使用した高度な止血凝固および切開が可能ですので、一般外科や腫瘍外科手術に必ず使用しています。

ベンチレーター(人工呼吸器)付麻酔器

人間の病院にある手術室で使用されているものと同じ吸入麻酔器です。そのため一般的な動物医療で使われているものとは精度が桁違いに高く、安全性も高くなっています。コンパクトながら緊急時の人工呼吸や肺水腫時のジェット噴射機能も付いているため、安全性をより高めてくれています。

外科用CアームX線テレビジョン透視装置

整形外科手術、特に骨折手術を成功に結びつけるために重要な役割を果たす、特殊なレントゲン装置です。手術台の上で、骨折箇所がきちっと合っているかを正確に診断できます。

高出力半導体レーザー

イボなどを一瞬で蒸散させる機器です。痛みが少ないので表面麻酔程度しか必要ありませんし、出血がほとんどなく、回復も早いことから、切除ではなく、この機器を使った蒸散を行っています。

クリヨペン(N2Oガスを使用した凍結治療器)

局所麻酔を施して、液体窒素で凍らせるクライオサージェリーという治療に使います。クライオガンという大きな腫瘍を凍結処理する凍結手術装置に加え、ペン型で先端が細いため使い易くコンパクトなクリヨペンも導入しています。高齢で麻酔が心配な場合でも、こちらでしたらほとんど痛みがありませんので、無麻酔で治療可能です。

GEヘルスケアー社製の最新の高性能麻酔器(エスパイア7900)と患者監視モニター(CARESCAPE B650)

安全性が飛躍的に高まったとはいえ、麻酔は動物の身体に負担をかけることがあります。そうしたリスクをできるだけ低くするため、当院では最新の高性能な麻酔器と、動物の状態をつぶさに監視するトータルインテリジェント患者監視装置を使用しています。

自動血圧計

犬や猫も血圧測定が必要です。特にネコちゃんは腎臓病で高血圧になることで網膜剥離を起こし、失明することがありますので血圧には注意が必要です。小さなワンちゃんもネコちゃんもこの血圧計があれば、正確かつ短時間、そして自動的に測定値が出ます。

緊急時や重症患者に活躍する設備

除細動器

心拍が停止した際、心電図に心房細動がある時に電気的刺激を与えて蘇生する機器です。

動物用高性能ICU室

救急でご来院された動物たちのために、室内の酸素濃度、温度、湿度、床温度等の自動調整、ネブライザー治療などが可能な高性能ICUを備えています。

その他の機器

鍼治療やそれに併用して使用する機器(ヘリウムネオンレーザー・半導体レーザー治療器)

-----

その他各種専門医仕様の手術器具など多数有りますが省略させていただきます。